2016年06月09日

活きオコゼ



「活きの良いオコゼを、薄造りにして出します。

肝は生で、皮・胃袋はボイルして、

もみじおろし(一味唐辛子が入ったもの)と

玉ねぎを添えて、ポン酢醤油で食べてもらいます。

高級な品物なので、売りにくいものですが、

今日は7名様のご予約に活きオコゼ5匹を出します。

私は、市場にオコゼがあったら全部取ってください!と

魚屋さんにお願いしています。

それほどお客様が食べてくださる、

ということに感謝です。」

DSCN1876.jpg





posted by お山の大将 at 14:37 |

舞茸効果やいかに。



「おかめが作った”乾燥舞茸の佃煮”です。

DSCN1873.jpg


おかめが私のために、舞茸の佃煮や吸い物、

煮物等にしてくれています。」

DSCN1878.jpg


--------------------------―――――――

ひばりですかわいい
お山の大将のイラスト、今日は目がついています。笑
いつも思うのですが・・・人魚にしか見えません。

舞茸が身体にいいと聞いた時から、
おかめはなにかと料理に取り入れているようです。
舞茸そのものを食べるのはもちろん、
お吸物やお味噌汁にすると、その出汁に出る舞茸エキスが
身体にいいそうです。
お味噌汁の汁は飲まない派の私は、
それを聞いてから、最後の一滴まで飲み干すようになりました!わーい(嬉しい顔)






Facebookページもあります♪


一心のhpはこちら↓↓
http://www.issin-uwajima.sakura.ne.jp/


ランキングにも参加しています。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 魚料理へ
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村


posted by お山の大将 at 14:06 | ひと手間